時期により変わるクレジットカードでの購入金額

インターネットのショッピングモールをサイトを何気なく見ていた時に、デザインが気になったブランドの財布を見つけた。
自分が普段愛用している2つ折りタイプで、リボンのモチーフがついた茶色の財布である。
定番のデザインというよりは新作デザインのもので、直営店で購入すると75000円の価格である。
欲しいが予算的に厳しいので、少しでも割安価格で購入できないかと考えて並行輸入品を取扱うショップを検索して、欲しい財布の在庫がないかと調べることにした。
いろいろなショップを比べてみると同じブランドの財布でも価格にかなりの差があった。
定価75000円を基準にすると、平均的なところで5パーセント引きで販売しているショップが多かった。
新作ということで妥当な価格である。
あまり、値引きが大きいと並行輸入品の場合本物なのかという疑いもでてくる。
購入者に少し安いと感じさせる方がうまい売り方である。
自分が調べた範囲ではあるが一番安いところで定価より20パーセント引きであった。
ただし決済方法は現金のみである。
クレジット会社に支払う手数料分を値引き分として上乗せして販売である。
新作なので少し待ては価格が多少下がるとも予想できるので、並行輸入品の販売店でブランド物を購入する際には買い時を見極めるのも賢い購入方法である

通信費の請求方法をクレジットカードで払う

できれば同じ系統の支払いは一本化したい。
そのように考えている方は少なくはありません。
毎月毎月通信費として支払うものに、固定電話の料金、プロバイダへの支払い、携帯電話の支払いがあると思います。
インターネットを利用する家庭であえば多くの家庭が3つに分けて支払いをしていることになります。
それはそれぞれサービスの提供先が異なるからです。
支払い方も様々で口座振替、コンビニ払い、クレジットカード払いとそれぞれ自分にとって都合が良い支払い方法を選択されていることと思います。
それでも通信費をまとめて支払いできたら楽だなと思われるのではないでしょうか。
最近では支払いを一まとめにできるサービスを各社出しています。
まずはNTTです。
固定電話といえばNTTが主流です。
NTTが提携するプロバイダと契約することで固定電話の基本料金と通話料、プロバイダへの支払いを一つにまとめることができます。
KDDIも同様のサービスがあります。
auの携帯を利用している方は携帯電話にかかる料金と、提携プロバイダを利用している場合に関しては料金を一緒に支払うことができます。
各社他にも似通ったサービスがありますので自分にあったプランを探してみましょう。

引っ越し時のクレジットカードに関する手続き

姓名や住所地、本籍地が変わる結婚ですが、これらに変更がある場合は、早急に様々な変更手続きを行う必要があります。
特に、公的なものは変更手続きを行うことが義務化されています。
ですが、義務化されていないものもやはり変更する必要があります。
「預金通帳」は、名義の姓名や住所地が変わるため、変更手続きが必要です。
これらの変更は金融機関の本店以外の支店でも可能となっています。
預金通帳やキャッシュカード、婚姻後の印鑑、運転免許証などの本人確認書類を用意しましょう。
そして「クレジットカード」も変更手続きを行う必要があります。
クレジットカードの姓名や住所地などの変更は、各クレジットカード会社によって異なります。
また、民間企業の生命保険も同じで、各生命保険会社によって手続きの方法が異なります。
そして、公共料金に関しても変更手続きが必要です。
電気は各電力会社へ、ガスは所定のガス会社へ連絡をとります。
その後、変更のための手続きをとることになりますが、昨今はインターネットのみで変更手続きが可能となっています。
水道も同じです。
郵便物は、結婚によって引っ越しする場合、「郵送物の転送」を依頼する必要があります。
これは郵便局に転居届を提出するだけです。
この手続き後は1年間転送してもらうことができます。
また、郵便局へ訪れることが難しい場合は、郵便で書類を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です