クレジットカードのローン体験談

僕は、大学四年生の頃から、クレジットカードを使い始めました。大学の卒業旅行に、アメリカにいくからという事で、クレジットカードが必要だったので持ち始めましたが、社会人になってからしばらくは、ほとんど使っていませんでした。それから十年以上たった今、結構な頻度で使うようになりました。一番使っているのは、ネットショップでの買い物時です。代引きや銀行振り込みだと手数料がかかってしまうし、コンビニ支払は手間がかかるので、クレジットカード支払が一番楽なのです。

しかし、クレジットカードの便利さにかまけて、ちょっと買い物をしすぎてしまいました。多少高額な商品でも、分割にすれば月々の支払は大したことないし、大丈夫だろうとたかをくくっていたのです。それが間違いでした。なんと今月の支払いが、10万を超えてしまったのです。ローンにすれば大丈夫なのは、ひとつふたつまでです。色々なものをローンにしてしまった為に、全部あわせるとすごい金額になってしまったのです。これは非常にまずいと思いました。

そこで、とりあえずクレジットカードの使用を控える方向で、今後は考えています。カードを使うと、お金を使っている感覚が少々麻痺しがちなので、今までカードで購入していたものを、現金で購入するようにし、金銭感覚を戻さなければいけません。まず、電子マネーのチャージを、クレジットカードで行っていましたが、これを現金にします。ネットショップの利用を控え、必要なものは、コンビニ払いで支払います。これにより、多少は金銭感覚が戻ってきてくれればいいのですが。

クレジットカードは急なローンの時に助かります

私は数枚のクレジットカードを持っています。クレジットカードって急な用事で買い物しないといけないときや、どうしても金欠で物が買えないときにとても便利なものです。私の場合は、そのような使いかたもしますが、クレジットカードをその時々の場面で使い分けています。例えば、最近のことでいうと、私の持っているカードのなかの一枚は、あるお店のカードなのですが、そこのお店でカード会員様限定セールなんかをやるんです。もともと欲しかったものが、カード払いにすることで、私の場合は、思っていたより10000円ほど安く購入できました。そのほかでも、使えばポイントがつくものや、ガソリンをそこのガソリンスタンドのカードで入れることで10円安く入れれたりなんかしています。カードというと、借金というイメージが強かったですが、それは一昔前のことであって、今はかなりお得なことばかりです。

そのほか、私の最近組んだローンのことでいうと、車検をとるのにローンを組みました。最初は現金払いで支払うつもりでしたが、修理の必要な場所が多くて用意していた現金だけでは足りなくなってしまったのです。しかし、用意していた現金だけは支払い、残りをローンで支払うことにしました。修理になるなんて思っていなかったようなところが壊れていたので、お金も用意していなくてこれまた助かりました。使い方によってはとてもいいことだらけだと思います。自分にあったカードをいざというときにローンを組むために1枚は用意するといいと思います。

クレジットカードでのローンの利点

私は結婚して初めてクレジットカードというものを作りました。それまではローンなどは組んだこともなく全て現金での支払いでした。クレジットカードを作っていなかった理由としては、ほとんど大きい買い物はしませんでしたし何より落として時などが怖いと思ったからです。しかし、結婚してから新居の家具や家電はもちろん自家用車など様々なものが必要となり、その時あらためてクレジットカードは一枚持っておくべきだと感じました。ローンという形で一時的にお金を借りることができるのは本当に便利ですし、ポイントも貯まったりとお得だと感じたからです。

他にもクレジットカードの使い道として私が一番よく利用しているのが、ガソリンの支払いやスーパーでの買い物の支払いです。ポイントがつくことはもちろんですが、クレジットカード会員限定の値引きなどがあるので本当にお得です。また給料日前などの金銭的に厳しい時期でも助かります。そして貯まったポイントなどでまた買い物がお得になったりもするので、結果的には現金で支払うよりも家計的には少しお得だと思います。もちろん、後から支払いがあるのできちんと把握しておくことも重要だと思います。クレジットカードをうまく利用することで節約にもつながると思います。今後もクレジットカードという存在をうまく利用して、ポイントや値引きなどでお得に家計をやりくりしていきたいと思っています。改めてカードを作ってよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です