クレジットカードのショッピングローン

みなさんは、クレジットカードをお持ちですか?最近ではポイントが貯まったり、マイルに換えられたりと、とても便利なものになりました。収入の安定していない若者でさえ、レジでカード払いしている姿を普通に見かけるようになりました。そのために、多くの人はショッピングローンに手を出すこともあるでしょう。

そうです、今日は私も経験したショッピングローンに対する無知ゆえの恐ろしさをご紹介します。私の場合、現金が手元にない時にアウトレットに買い物に出掛けたのがきっかけでした。レジでクレジットカード払い、手元には、ショッピングバッグが増えていくのに、お財布の中身は変わらない…す

そうです、お金がショッピングによってなくなっていく、消えていくという感覚がないため、自分の資力も分からずにどんどん買い物していくわけです。アウトレットとはいえ、安いとはいえ、塵も積もれば山と成る…そのようなわけで、来月自分が支払える金額を優に越えた買い物をしてしまいました。それだけではありません。来月一括で支払えなければ、ショッピングローン残高を、リボ払いにしてしまいました。当初、2ヶ月に分ければ、もしくはリボ払いにしてしまえば、余裕で支払えると考えていました。それで、リボ払いに変更し、完済を目指す毎日が始まりました。生活費がなくなっては困ると、支払いは1万円程度。ショッピングローン残額は10万円くらいでひた。毎月必ず支払いが行われているので、ショッピングローンの残額をあまり気にせずぼーっと毎日過ごしていました。しばらく支払いが続き、そろそろローン完済も間近いと考え、インターネットで、ショッピングローン残高を確認してみると…残高5万円、全然減ってない…そうなんです、ショッピングローンの金額だけ、支払っても、借金は全然減らないんです。利息です、利息の支払いを忘れていました。なのに、それを知らずに、毎月の支払いを最小に抑え、時には最低額5000円というときも…毎回かかる利息の存在を知らずにいたので、毎月の支払い金額を最小に抑えていましたが、利息を考え、払えるだけ、返済していくべきでした。利息の怖さを知ったので、余裕のない生活覚悟で、多めに支払い、なんとか、完済しました。ショッピングローン、怖いです、無知ゆえに賢い用い方ができない人は、クレジットカードではなく、いつもニコニコ現金払いに限ります。なお、この記事はクレジットカードやショッピングローンを否定しているものではありません。賢く用いて快適なマネーナイフを送ることをおすすめすべく、記事にしたまでです。

クレジットカードのローンは24時間利用できるところ

飲みに行くときにはお金が必要です。財布にお金があることを確認してお店に入りました。でもいざ飲み始めるとどんどん飲んでしまいます。いつの間にか予算オーバーしてしまっているということがあります。このときには、何とか一緒に飲んでいる人に支払いをしてもらうことにしました。でも常にそうするわけには行きません。ですから、次の店に行く間にお金を用意しようということになりました。でも銀行のATMはどこも閉まっています。

ある銀行のATMを利用しようとしたところ、手数料がかかるということでした。引き出すのに210円もかかるということです。細かいことですが、結構な出費になります。こんなときにもっとコストがかからない方法がないかということです。そこで利用をしたいのが、クレジットカードのローンということになります。こちらであれば、銀行のキャッシュカードと同様にATMを利用する事ができます。コンビニエンスストアのATMを利用できる場合もあります。

問題は手数料です。こちらを利用するとき、手数料はかからないというところがあります。これは銀行のキャッシュカードを使うよりも得ということになります。注意としては金利が発生するということです。でも、次の日にすぐ返済すれば、非常に少ない金利しかつかないということです。年利で10パーセントとしても、次の日でしたらその365分の1ということになります。返済のし忘れに注意すれば、手数料よりお得に利用ができます。

クレジットカードで賢くローンを活用しよう

夫の仕事柄、海外での引越しが多い我が家です。移動にあたって、大体の物は会社が出してくれますが、それでも生活の細々した物は、現地で買い直さなければならない物も多いです。特に、国によって電圧が違うので、電化製品は何一つ持って行けません。赴任先でまずする事は、生活の最低必需品を買いに行く事です。細かな物も買うのですが、大型の物も買う場合が多いので、そうした場合はクレジットカードのローンを使います。

店頭では一回払いと言っても、後々自分でWEB上から、リボ払いに変更する事も出来ます。請求書が来てから、自分で払う金額を決める事が出来るので、重宝しています。とは言え、クレジットカードのローンは、使い過ぎにはもちろん要注意です。リボでローンを払っていると、毎月払う金額が少なくてすむので、また新たにリボのローンで買い物をしてしまう恐れもあります。

よく言われる事ですが、収入と支出とのバランスをよく守って、考えてからローンにするようにしています。しかし、急な出費や大型の買い物など、どうしても買わなければならない物もあります。そんな時に、クレジットカードのローンがあると言う事を覚えておけば、気持ち的にも安心する事が出来ると思います。毎月送られてくる請求書の、リボローンの限度額をキチンと見るようにしましょう。毎月キチンとかえしていけば、この数字も急激に増える事はありません。ローンを賢く使いますが、ローンのし過ぎには十分注意します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です