クレジットカードによるローンの支払い

私が、体験したクレジットカードによるローンの支払いについてです。私は最近になり一人暮らしをはじめて、クレジットカードを利用する機会というものが増え、そのときに友人といろいろな話をしてクレジットカードについて知った話です。

クレジットカードの利用が増えたというのは、一人暮らしをはじめて実家から持ってきた家具や電化製品などがたくさんあったものの、想像以上に足りないものばかりで、結果いろいろなものが必要になりました。そのときにクレジットカードが必要になり、利用を始めることにしたのですが、一番最初に利用をし始めた会社ではとても失敗してしまいました。なぜ失敗だったかというと、一番の点は年会費にありました。一番最初にお金を借りた会社は、自分で調べて見つけた会社で、サービスの充実性などを中心に探したところだったのでして、とてもよいところだったので、その会社に決めて利用を始めたのですが、自分は初めてクレジットカードを利用して借りたものですから、年会費などがどのくらいであれば利用しやすいのかということにかんする感覚があいまいでよくわかりませんでした。その会社の年会費は今の自分には少し支払いの大変な金額であったことに三ヶ月くらい経って気づきました。今は知り合い相談したかいあって、年会費もなくサービスの充実した会社さんのところでクレジットカードの利用をしていますが、つい最近に会った私の友人も、クレジットカードで家のローンを支払うためある会社を利用していたらしいのですが、私と同じく年会費などの支払いが大変で、最終的には友人に相談して別のところに変えたそうです。

クレジットカードの利用は、誰かに相談して、その場所が自分にあっているのか、考えて決めたほうがいいと思いました。

クレジットカードでもローンが組めるそうだ。

クレジットカードは非常に便利なモノだ。一番利用価値を感じるのが海外旅行の時だ。現金で支払うより、カードの方が定員さんも喜んでくれるからだ。高額紙幣だとそれを確認することも出来ないようで、カードならおつりの必要も無いから、非常に喜んでもらえる。そんんあくれじっとカードで、もう一つ便利だと思うのが、カードローンが利用できること。わざわざ申し込む必要も無く、ほとんどのカードには、最初から借入枠が準備され手いる。ほとんどの尾銀行で利用することが出来る上に、コンビニなどでも利用が可能だ。また、カードローンだけで無く、キャッシングも便利だ。急な出費の婆アイ、カードローンより、キャッシングで借りておく方が便利なことが多い。

もちろん、一回払いなので、支払える予定があるときだけだが、カードローンもキャッシングも、カードを持っているだけで簡単にお金を引き出せるので非常に便利だ。ただし、ちゃんと返済のことを考えておかないと大変なことになる。借りるのは便利だが、返済するのは大変であるからだ。便利だからと行って、気軽に枯れいていると後々大変なことになってしまう。その当たりをよく考えてカードローンはうまく利用したい。できる限り、必要の無いお金は借りないことに徹するべきだろう。仮に借りたとしても、毎月のカード払いで返済が出来るのだから、その点は非常に便利だ。ショッピングを行うのも便利だが、うまく使えば、カードローンは非常に便利で簡単な借り入れだと言えるだろう。

クレジットカードとローンの違い

誰でも1枚はクレジットカードを持ってると思います。私も2枚持っていてお買い物をした時にお金が足りないというような時に利用しています。カードを利用することでポイントが貯まっていきますのでとても便利だと感じます。何枚もカードを持っている人はそれぞれ使い分けているようです。私も2枚のうち1枚は買い物用に、もう1枚は公共料金などの支払いに利用しています。インターネットで買い物をする場合もカードがあればその場で支払い手続きが完了しますしメリットはたくさんあります。安全性の問題ですがセキュリティもしっかりできてると思うので大丈夫でしょう。

クレジットカードでもお金を借りることはできますが、ローンを利用すると言う方も多いのではないでしょうか。クレジットとローンの違いは、クレジットが貸付でローンが融資になります。当然ですがどちらも審査があります。クレジットのほうが比較的審査が通りやすいと思います。ローンは利用したことがないのでよくわかりませんが手続きが面倒そうかなと言う感じがします。またクレジットはお金が足りない時に利用するもの、ローンは車や住宅などの高い買い物をする時に融資してもらうものというふうに捉えています。そう言えばかなり前になりますが地元の銀行の人からローンカードを進められたことがあります。当時はわからなかったので作りませんでしたがそれからしばらくしてそのカードが廃止になったということを聞きました。いずれにしてもお金を借りるというのは同じなのでくれぐれも借りすぎに注意してうまく活用していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です